LINE
LINE お問い合わせ

0568-44-2442

Q&A

よくあるご質問

Q&A よくあるご質問

  • Q

    何時からトレーニングできますか?

    A

    営業時間は以下の通りです。
    月・火・木・金曜日:9:00〜22:00(最終受付21:00)
    水曜日:13:00〜22:00(最終受付21:00)
    土曜日:9:00〜15:00(最終受付14:00)
    日曜日:定休日

  • Q

    初心者ですが大丈夫ですか?

    A

    初心者の方も大歓迎です。誠心誠意トレーニング、食事指導させていただきます。

  • Q

    食事制限はありますか?

    A

    体重を減らすには、ある程度食事を制限する必要があります。ストレスが溜まりすぎないような食事指導をさせていただきます。

  • Q

    赤ちゃん、子供を連れていくことはできますか?

    A

    一緒に来ていただいて大丈夫です。ただ、トレーニング中お世話をすることはできませんので、ご了承ください。

  • Q

    入会時に必要なものはありますか?

    A

    クレジットカードをご用意ください。

  • Q

    予約のキャンセルは可能ですか。

    A

    可能です。当日の急なキャンセルでも承ります。

  • Q

    海外で流行っているフレックスダリアンダイエットってなんですか?

    A

    フレックスタリアンダイエットは、主に植物ベースの食品を中心に食べる食生活で、肉類の摂取量を減らすことを目的とし ています。肉類は必要な栄養素を含んでいるため、完全に排除するわけではありませんが、適度な量に抑えることが大切です。

    上記のような説明をよく見ますが、適度な量とはつまるところどれくらいかというと、FFMI(Fat Free Mass Index)という指標を用いて、おおよそ計算することができます。 FFMI計算機(ネットで出てきて簡単に利用できます)を用いて、除脂肪体重を計算し、除脂肪体重に1.6〜2.2gをかけた値のタンパク質量を摂取すると良いでしょう。 巷で言われる体重の2倍と言った量は、かなり曖昧な数字ですのであまり参考になりません。例えば体重100kgで体脂肪率10%の人も、同じく体重100kgで体脂肪30%の人も、筋肉量が全く違うのにもかかわらず、同じ量のタンパク質を摂る計算になってしまいます。 除脂肪体重から必要なタンパク質量を計算できる上記の方法は余分なタンパク質を摂取することを極力抑えることができるため、自分にとってどれくらいのタンパク質量が適切なのか見つけるには良い方法となります。FFMIで自分にとって必要なタンパク質量を算出し、その数値をもとに肉類を摂取すると良いでしょう。

  • Q

    16時間ダイエットってやせるの?

    A

    インターバルファスティングは、特定の時間帯に食事を制限することで、体内の脂肪燃焼を促進するダイエット方法です。具体的には、16時間以上の断食期間を設け、残りの8時間以内に食事を摂ることが推奨されています。

    この方法を多くのメディアでは、8時間以内であればどれだけ食べてもいいといった内容のものがみられますが、それは誤りです。というのも、ダイエットの原理原則は、摂取カロリー<消費カロリーであり、8時間の間に消費カロリーを上回るカロリーを摂取すれば、通常の人類である以上、よほど体重は増えます。8時間以内に普段通りの食事量を取ることが難しくなった結果、(朝ごはんを抜き、結果2食になる等)総摂取カロリーが減少し、痩せる人が一定数いると考えられます。

  • Q

    ケトジェニックダイエットのメリットデメリットは何ですか?

    A

    ケトジェニックダイエットは、低炭水化物、高脂肪、適度なタンパク質の食事で、体内の糖質を減らして脂肪を燃焼させることを目的としています。このダイエットは、糖質を極端に制限することで、インシュリンの分泌を抑え、脂質を体内で増やしずらい状態を作ることができます。

    しかし、長期的に糖質を制限することで体内で糖を代謝する能力が低下してしまい、結果としてダイエットをやめて、通常の食事に戻した時にリバウンドする可能性が高まってしまいます。 それを避けるためにも、ダイエット終了後、すぐに元の食事に戻すのではなく、一週間は朝食だけ炭水化物を少量食べる、次の週は昼食にも炭水化物を少量食べる、そのまた翌週はまた少し量を増やすと言ったように徐々に炭水化物に体を慣らしていくことが重要となります。 その匙加減も知識のあるトレーナーに管理してもらった方が成功する確率は上がるので、ケトジェニックダイエット後は、リバウンドを防ぐために、あまりやらない、もしくは、やめて普段通りの食事に戻すまでの期間、トレーナーにアドバイスをもらうのがおすすめです。

  • Q

    マクロバランスダイエットってなんですか?

    A

    マクロバランスダイエットは、タンパク質(P)炭水化物(C)脂肪(F)の適切なバランスを摂取することで、健康的な体重管理を目指すダイエット方法です。 適切なマクロ栄養素バランスを摂取することで、エネルギー摂取と消費を効率的に調整することができます。 性別やライフスタイル、糖質制限が脂質制限がにより異なりますが、脂質制限の場合、タンパク質:脂質:炭水化物の割合が、3:2:5。糖質制限の場合3:6:1くらいの割合が主流となっています。 当店では、基本的には、脂質制限をおすすめしています。糖質を少なくし過ぎてしまうと、ケトジェニックダイエットの欄で説明したようなデメリットが多く発生してしまいますが、脂質制限であればそのようなデメリットは起こりづらくなっております。

  • Q

    マインドフルイーティングとは?

    A

    マインドフルイーティング:マインドフルイーティングは、食べ物に向き合い、味わい、食べることに集中することで、食べ過ぎや過食を防止する方法です。食べ物を味わいながら、自分自身の身体の反応を観察し、満腹感を感じるまでゆっくりと食べることが大切です。

    本当にこんなダイエット方法流行っているのでしょうか。疑問です。マインドフルイーティングの説明にはありますが、味わってゆっくり食べている人はごまんといます。しかし、それで痩せている人は何人いるでしょうか。確かに咀嚼回数を増やすことで、満腹中枢が刺激され、食欲を抑えることができます。しかし、ダイエットの大原則は摂取カロリー<消費カロリーです。味わって食べても食べ過ぎては痩せません。

  • Q

    食物繊維ダイエットとは。

    A

    食物繊維ダイエットは、食品中の食物繊維を多く摂取することで、満腹感を得ることができ、食べ過ぎや過食を防止する方法です。食物繊維は便通を促進し、腸内環境を整えることができます。

    色々ダイエット方法はありますが、原則は摂取カロリー<消費カロリーです。食物繊維を摂ることで、腸内環境が良くなることは確かにかなり重要ですが、食物繊維をとっても、それなりに食欲はあるので食べてしまえばやはり太ります。ダイエットの話はあきてきたので、食物繊維と便秘について語ります。 食物繊維には水溶性(ネバネバした食べ物など)と不溶性(穀物類、野菜など)の2種類があります。水溶性食物繊維は便を柔らかくし、動きをスムーズにする働き。不溶性食物繊維には、便の量を増してくれる働きがあります。 便秘の種類によっては、食物繊維の摂りすぎが、マイナスに働いてしまうことはご存知でしょうか。 便秘には、器質性便秘、機能性便秘があり、機能性便秘はさらに弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘の3種類に別れています。 弛緩性便秘(腸が弛緩、つまり緩んでしまい、便を押し出すことができない便秘)には、不溶性食物繊維が有効です。腸の締まりが悪くなるということは、太い便でないと、押し出すことをできないことを意味しています。ですので、便の量を増して、太くしてくれる不溶性食物繊維が有効となとなるわけです。 痙攣性便秘は、腸に痙攣が起こり、腸が部分的に細くなりすぎてしい、その結果便が渋滞してしまい、便秘になってしまうというものです。ここで、不溶性の食物繊維を摂ってしまうと、細くなって通れなくなっているのにも関わらず、便を太くしてしまう行動をとっていることになるので、余計に便秘になってしまうのです。よって、ここで摂取すべきは水溶性食物繊維。細くなった腸でも、水溶性の食物繊維を摂ることで、便が柔らかくなり、細い腸を進むことができ、便秘が解消する可能性があります。 直腸性便秘は、直腸内に便が到達しても排便反射が弱く、便意を伴わないことによる便秘が直腸性便秘です。主な原因は、日常生活の中で仕事などにより、習慣的に便意を我慢、無視し続けることにあると考えられており、別名習慣性便秘とも呼ばれます。よって、治療法としては、便意を我慢する習慣を改善することです。その上で、水溶性食物繊維を摂ること。直腸で便が長い時間留まっていると、便から水分が吸収され、硬い便になってしまいます。便意がきても硬くて出ないということになってしまうので、硬くならないように水溶性食物繊維を中心に摂るようにすると改善される可能性があります。ここで、不溶性食物繊維を中心に摂取してしまうと、硬い便が増えて、より排便しづらくなってしまいます。食物繊維を摂れば便秘が治ると考えている方は、もう一歩踏み込んで、どの食物繊維が自分にとって必要なのか、考えてみるのはいかがでしょうか。

    近年?のダイエットブーム、フィットネスブームにより、世間にはよくわからないダイエット方法が蔓延っています。当ジムでは、世間の流行に流されない、本質的なダイエットをお伝えいたします。痩せてかわりたい方、ダイエットの正しい知識をつけたい方はぜひコネクトジムへご連絡ください!

  • Q

    筋肉痛の原因は?

    A

    筋肉痛は、通常、運動による筋肉の使用によって引き起こされます。筋肉痛の原因は、実際には筋肉内で起こっている微小な損傷と炎症反応によるものと考えられています。
    運動による筋肉痛の原因としては、主に以下の2つが考えられます。

    1. 延長型筋肉痛 (DOMS: Delayed Onset Muscle Soreness):運動後の数時間から数日後に現れる筋肉痛。通常、運動中に筋肉が伸ばされたり、力を発揮したりすることによって引き起こされます。
    DOMSは、筋肉内で微小な損傷や炎症反応が引き起こされ、修復が必要となることで発生します。この過程で、痛みを引き起こす物質が放出されることが知られています。

    2. 疲労型筋肉痛:運動中に筋肉にかかる負荷が強く、酸素不足に陥ることによって引き起こされる筋肉痛。通常、運動中または直後に現れます。
    疲労型筋肉痛は、筋肉内の代謝物質や栄養素の不足によって引き起こされます。特に、糖質や酸素が不足することによって、筋肉内のエネルギー供給が低下し、筋肉疲労が生じることが知られています。

    上記2つの説が有力となっておりますが、未だはっきりとした原因はわかっておりません。ちなに、筋肉痛がないとトレーニングの効果がないのではないかと心配になってしまうトレーニーの方も多いかもしれませんが、筋肉痛と筋肉の成長には相関関係はありません。トレーニングにおいて重要なのは、トレーニングの強度を上げていくことです。前回のトレーニングよりも、1キロでも重い重量に挑戦する、1回でも多く挙上する。日々の小さな積み重ねが、やがて大きな筋肉となります。ただ、トレーナーとしては、筋肉痛があったほうが、楽しいですけどね。

  • Q

    ビタミンの種類と働きは?

    A

    1. ビタミンA:視力の維持や免疫機能の向上に必要。
    2. ビタミンB群:エネルギー代謝に必要なビタミン群で、B1、B2、B3、B5、B6、B7、B9、B12があります。
    3. ビタミンC:コラーゲンの合成や免疫機能の向上に必要。
    4. ビタミンD:カルシウムの吸収や骨密度の維持に必要。
    5. ビタミンE:抗酸化作用があり、細胞の老化を防止する効果があるとされています。
    6. ビタミンK:血液凝固に必要なビタミンで、K1とK2があります。

    最初に発見されたビタミンは、ビタミンB1でした。ビタミンB1は、精米された米を主食とする地域で発生する栄養失調症の原因である脚気を予防することができることが知られていましたが、その成分は不明でした。
    1912年、ポーランドの医師であるカシミール・ファン・フォン・エイコヴィチ(Kazimierz Funk)が、この成分を発見し、ビタミンという用語を提唱しました。その後、ビタミンB1はチアミンと命名され、化学的に合成されるようになりました。
    ビタミンの発見は、栄養学や医学の進歩に大きく貢献し、今日では多くのビタミンが知られています。
    上記のことからわかるように、およそ100年前から少しずつビタミンが発見され、現在では13種類のビタミンが見つかっております。
    科学者によって、もともと何万年も前から食べ物の中には含まれていたビタミンが徐々に発見されるようになってきているということです。
    YouTuberや、彼らに影響を受けた人々が、マルチビタミンだけ飲んで野菜はほとんど食べないという方も周りで増えてきた気がします。
    マルチビタミンは確かに13種類のビタミンは満遍なく摂取できますが、まだ見つかってないが、確かに食べ物の中には存在する未知の栄養素は摂取することはできません。
    また、ビタミンはそれぞれが作用し合い、働きを強めたり、弱めたりもしています。マルチビタミンに含まれるビタミンだけでは、体の中で強く働きすぎてしまうことや、効率よく働いてくれない可能性も十分に考えられます。
    何が言いたいかというと、体を正常に保つためにも、健康にいるためにも、ボディメイクや筋肉を肥大させるためにも野菜から栄養を摂取したほうがいいですよということです。
    サプリメントばかりに頼らず、未知の栄養を摂取して、理想のスタイルを手に入れましょう。

  • Q

    ビタミンB1の働きとは?

    A

    ビタミンB1は、体内でエネルギーを生産する代謝反応に不可欠な栄養素の一つであり、特に炭水化物の代謝に重要な役割を持っています。
    ビタミンB1は、チアミンピロリン酸(TPP)という補酵素を生成し、TPPが関与する多くの酵素反応に必要です。
    ビタミンB1は、糖質の代謝に関与する酵素反応である解糖系の中で、ピルビン酸から酢酸を生成する反応(ピルビン酸脱炭酸反応)に必要とされています。
    また、TPPは、炭水化物の代謝以外にも、脂質やアミノ酸の代謝にも関与しています。さらに、ビタミンB1は、神経系の正常な機能にも重要な役割を持っています。
    ビタミンB1の不足は、ビタミンB1欠乏症と呼ばれる病気を引き起こすことが知られています。ビタミンB1欠乏症は、症状として神経障害、筋肉の萎縮、心不全、脳症などが現れます。
    一方、ビタミンB1の過剰摂取による副作用は、報告されていません。ビタミンB1は、日常的に必要な栄養素の一つであり、健康な代謝機能を維持するためには適切な摂取が必要です。

  • Q

    ビタミンB2の働きとは?

    A

    ビタミンB2は、体内でエネルギーを生産する代謝反応に不可欠な栄養素の一つです。
    ビタミンB2は、体内でフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)やフラビンモノヌクレオチド(FMN)という補酵素を生成し、それらが関与する多くの酵素反応に必要です。
    FADやFMNは、脂質、糖質、アミノ酸の代謝に関与しています。具体的には、炭水化物や脂肪酸をエネルギーに変換する過程での酸化還元反応に必要とされています。また、ビタミンB2は、細胞膜の構成成分であるリン脂質の合成にも必要です。
    ビタミンB2の不足は、代謝機能の低下や貧血、皮膚炎などの症状を引き起こすことが知られています。一方、ビタミンB2の過剰摂取による副作用は、報告されていません。

  • Q

    ビタミンB3(ナイアシン)の働きとは?

    A

    エネルギー代謝の促進:ビタミンB3は、食物から摂取された糖や脂肪を体内でエネルギーに変換する際に重要な役割を果たします。また、ビタミンB3は、アデノシン三リン酸(ATP)の生成にも必要です。
    神経系の正常な機能:ビタミンB3は、神経系の正常な機能にも関与しています。特に、ビタミンB3は、神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンの生成に必要なトリプトファンの代謝に重要な役割を果たします。
    肌や粘膜の健康維持:ビタミンB3は、皮膚や粘膜の健康維持にも重要な役割を果たします。ビタミンB3不足は、皮膚の乾燥やかゆみ、皮膚炎、口内炎などの症状を引き起こす可能性があります。
    コレステロールの調整:ビタミンB3は、コレステロール代謝を正常化することで、動脈硬化や心臓病のリスクを低減する効果があるとされています。

  • Q

    ビタミンB5(パテトン酸)の働きとは?

    A

    エネルギー代謝の促進:ビタミンB5は、食物から摂取された糖や脂肪を体内でエネルギーに変換する過程で必要な補酵素の一つである補酵素A(CoA)の合成に必要です。そのため、ビタミンB5はエネルギー代謝を促進する重要な役割を担っています。
    ホルモン合成の促進:ビタミンB5は、ステロイドホルモンや脂肪酸などの合成に必要な補酵素Aの生成にも必要です。これにより、ビタミンB5はホルモン合成の促進にも関与しています。
    免疫機能の改善:ビタミンB5は、免疫細胞の活性化に必要な補酵素Aの生成にも関与しています。また、ビタミンB5はストレスに対する抵抗力を高めることができるため、免疫機能の改善にも役立ちます。
    皮膚や髪の健康維持:ビタミンB5は、皮膚や髪の健康維持にも重要な役割を果たします。ビタミンB5不足は、肌の乾燥やかゆみ、皮膚炎、髪の脆弱化などの症状を引き起こす可能性があります。
    血液中の脂質代謝の促進:ビタミンB5は、血液中の脂質代謝を促進することで、動脈硬化や心臓病のリスクを低減する効果があるとされています。

  • Q

    ビタミンB7(ビオチン)の働きとは?

    A

    エネルギー代謝の促進:ビタミンB7は、炭水化物や脂質、アミノ酸の代謝に必要な酵素の一つであるビオチン依存性酵素の補酵素として機能します。そのため、ビタミンB7はエネルギー代謝の促進に必要不可欠な役割を果たします。
    健康な皮膚、髪、爪の維持:ビタミンB7は、皮膚や髪、爪などの健康にも重要な役割を担っています。ビタミンB7の不足は、皮膚の炎症やかゆみ、髪の抜け毛、爪の脆弱化などを引き起こす可能性があります。
    胎児の正常な発育:ビタミンB7は、胎児の神経管や脳の発育にも関与しています。妊娠中の女性は、ビタミンB7を適切な量摂取することが、胎児の正常な発育につながるとされています。
    腸内細菌の健康維持:ビタミンB7は、腸内細菌の健康維持にも関与しています。腸内細菌は、ビタミンB7を生産することができますが、食事からのビタミンB7の摂取も重要です。
    ビタミンB7は、卵黄、レバー、肝臓、牛乳、チーズ、サーモン、アーモンド、大豆、にんじん、キノコ、バナナなどの食品に含まれています。

  • Q

    ビタミンB9(葉酸)の働きとは?

    A

    妊婦の胎児の正常な発育:ビタミンB9は、妊娠初期に胎児の神経管が閉じる際に必要な栄養素であり、葉酸の摂取が胎児の神経管閉鎖障害(NTD)のリスクを低下させることが知られています。また、ビタミンB9は胎児の脳や神経系の発育にも関与しています。
    赤血球の形成:ビタミンB9は、赤血球の形成にも重要な役割を果たしています。ビタミンB9の不足によって、貧血を引き起こすことがあります。
    DNA合成:ビタミンB9は、DNA合成に必要なメチル基の供給源として機能しています。また、DNAの修復や細胞分裂にも関与しています。
    神経系の健康維持:ビタミンB9は、神経系の健康維持にも関与しています。ビタミンB9の不足は、神経障害や認知症のリスクを高める可能性があります。
    ビタミンB9は、緑黄色野菜(ほうれん草、レタス、ブロッコリー、アスパラガス)、果物(アボカド、オレンジ、バナナ)、レバー、豆類、ナッツ類、全粒穀物などに多く含まれています。また、葉酸は、水溶性のビタミンであるため、調理中の蒸気や水に溶け出すことがあるため、加熱調理の際には注意が必要です。

  • Q

    ビタミンB12の働きとは?

    A

    赤血球の形成:ビタミンB12は、赤血球の形成に必要な栄養素であり、赤血球が不足する貧血を引き起こすことがあります。
    神経系の健康維持:ビタミンB12は、神経系の健康維持に必要な栄養素であり、神経系の障害や認知症のリスクを低下させる可能性があります。
    DNA合成:ビタミンB12は、DNA合成に必要な栄養素であり、ビタミンB12の不足はDNAの合成に影響を与える可能性があります。
    胃酸の分泌:ビタミンB12は、胃酸の分泌に必要な栄養素であり、胃酸の不足によってビタミンB12の吸収が低下することがあります。
    ビタミンB12は、動物性食品(肉、魚、卵、乳製品)に多く含まれています。一方、植物性食品にはビタミンB12がほとんど含まれておらず、野菜や果物などのみの食生活では不足する可能性があります。

CONTACT [ 体験も実施しております!]

入会に関すること、トレーニング関すること
是非、ジムで直接ご質問ください。
ひとつひとつ丁寧にお答えさせていただきます!

ご予約・体験はこちら

ページトップへ

お申し込みはこちら